にゃもやなぎブログ
17歳歳下の彼氏ができた!
ホットヨガ・美尻など女を磨くためのノウハウ
彼氏が喜ぶレシピ公開
楽しい思い出づくりの旅行やグルメなど
グルメ

フレンチで最初から置かれている皿の意味は?

CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】

フランス料理をレストランで食べた時に色々なマナーがあってわからないこともありますよね。

一番最初のテーブルについた時に目の前に置かれている絵が書かれたデザインされているお皿。綺麗な絵が書かれているなあ。これにもしかして料理が出てくるのかなと思うかもしれませんがそれは違います。

フレンチで最初から置かれている皿の意味は?

これは飾り皿と言われていて、お皿に描かれた絵を楽しむために置かれているものです。

そのお店が、これから始まるフランス料理がどのようなものが出てくるのかといった想像を掻き立てさせる意味を持っていたり、シェフが表現したいと思っている世界観などが描かれたりしていて、お客を楽しませてくれます。

先日行ったフレンチレストランで置いてあった飾り皿↓

にゃんにゃん
にゃんにゃん
僕はこれを見て、素朴なイメージ・柔らかいイメージだなと思いました

実際の料理も思い返せばまさにそのとおりでしたね。

フレンチに多い濃い味付けではなく、素材の味を最大限引き出すための控えめな味付けだったりソースばかりでした。

そういう意味ではこのお皿はシェフのこだわりを表現していたのかもしれませんね。

飾り皿の他の意味

他の意味としては、位置皿と言われ、座る位置を示すためのお皿でもあります。

ただこのお皿はすべての店であるというわけではなく、無い場合もあります。

そして、そのまま料理がその上に置かれる場合もありますし、すぐに下げられる場合もあります。

ただ、飾り皿・位置皿の意味を知っておけば、いざという時に焦らなくてすみますよ。

にゃんにゃん
にゃんにゃん
テーブルマナーで恥をかかないためには本で勉強しておくのもいいかもしれませんね
CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】